ご挨拶 耳の構造・難聴 補聴器と付き合う 補聴器種類と価格
補聴器トップ お役立ち知識 試聴と補聴器の特徴 注文と特定商取引 プライバシーポリシ

耳の構造


難聴の種類と聴力測定による難聴の分類

1.難聴の種類
   
   
外耳(耳介、外耳道、鼓膜からなる)、中耳(中耳腔、耳小骨ツチ、キヌタ、アブミ骨、

    内耳窓等)、内耳(三半規管、蝸牛、蝸牛神経、脳内聴覚系)

 
  
難聴には伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴の3種類があり。


   
伝音性難聴(外耳、中耳に不具合のある方)は一般に現在の医療で治す事が出来ると
  言われております。直せない場合は、内耳から脳までは正常ですから、骨伝道補聴器を
  使うとほとんど健聴者並に聴こえると言われています。
 
  中耳炎等で鼓膜に障害を生じたり、耳小骨(ツチ・キヌタ・アブミ)の動きが悪くなる
   と、音を内耳に伝える障害となり、起こる難聴です。


 
感音性難聴(内耳から脳に不具合のある方)は、一般に医療では治すことができない
   
と言われています。それで補聴器を使うことに成ります。
  中耳からの音の振動情報を電気信号に変換する内耳、その電気信号を脳に伝える聴神経、
  さらにそれを受け取る脳内の障害で生ずる難聴で、最も多い難聴です。


   
混合性難聴伝音、感音両方の障害により起きる難聴です。

2.難聴の測定(聴力測定)

 難聴度(聴力レベル)は、軽度、中度、高度、重度、聾に大体分類します。
 
 現在は重度までの補聴器が開発されて、販売されています。
  (人工内耳、人工中耳は、医療機関行為の範疇です)
   しかし難聴の中には、言葉の弁別が出来なくなり(有毛細胞から脳内神経細胞の欠落)、
  補聴器はうるさいだけと言われる方も居られるようです。

 
 基本的な難聴度測定


 
音聴力測定                        このページのトップ
   
 気導聴力測定
       受話器(ヘッドホン)を通し、空気を伝わり耳に入って来る音を聞き取る検査ですが
     この測定は外耳、中耳、内耳、脳と聴覚機能全体の聞こえ具合を調べるのが目的です。
 
   骨導聴力測定
     
耳の後ろ側(側頭骨乳様突起) にの発信器具(骨導受話器)を着け、骨を伝わって
     来る
を聞き取る検査ですが、これは内耳から脳までの聞こえ具合を調べるのが目的
     です。

聴力レベル 難聴の分類 症   状
25dB未満 正 常 普通の会話に不自由する事はない
25-50dB 軽 度  小さいと聞き取れないことが多い。
テレビの音を大きくする。
50-70dB 中  度

普通の会話や会議での話し声が聞き取りにくくなる。

自動車が近づいて初めて音に気づく。
70-90dB 高  度

大きな声でも聞きづらい。

商店街などの大きな騒音しか聴こえない。
90-dB〜 重 度

耳もとでの大声も聞きづらい。

日常音はほとんど聞こえない。



   語音明瞭度

        言葉の判断が出来るかの検査で、聴力レベルより大きな音で、何%言葉を判断できたかで
      表す。

       100%以下 80%以上 聴覚のみで会話を容易に理解可能

       80%未満  60%以上 家庭の日常会話は聴覚のみで理解可能
                        普通の会話はほとんど理解可能であるが、不慣れな話題
  
                   では正確な理解に注意の集中が必要

      60%未満  40%以上 日常会話で内容を正確に理解できないことがしばしばある
 
                    重要な内容は確認することやメモの併用が必要

 
    40%未満  20%以上 日常会話においても読話や筆談の併用が必要

      20%未満   0%以上 聴覚はコミュニケーションの補助手段として有用であるが、
 
                     聴覚のみの会話理解は不可能

     間違う言葉の例
  
    遠足    エンソク → オンソク
  
    遠藤    エンドウ → オンドウ
  
    札幌    サッポロ → アポロ
 
     佐藤    サトウ  → カトウやイトウ
  
    貸して → 買って
  
    ポスト → ポット
  
    ダ   → ラ

ご挨拶 耳の構造・難聴 補聴器と付き合う 補聴器種類と価格
補聴器トップ お役立ち知識 試聴と補聴器の特徴 注文と特定商取引 プライバシーポリシ