ご挨拶 耳の構造・難聴 補聴器と付き合う 補聴器種類と価格
補聴器トップ お役立ち知識 試聴と補聴器の特徴 注文と特定商取引 プライバシーポリシ
お  役  立  ち  知  識

耳鼻咽喉科診断


音についてdB


聴こえの知識



確定申告
補聴器購入費
医療控除について

耳鼻咽喉科診断
  補聴器を初めてお使いなさる方,又は下記項目に該当される方は、一度耳
   鼻咽喉科医師に補聴器使用の相談をされることを、お勧め致します。


1.耳の手術などによる耳の変形や傷がないか。
2.中耳炎などで過去90日以内に耳漏がなかったか。
3.各90日以内に突発性または進行性の聴力低下がなかったか。
4.過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下がなかったか。
5.急性又慢性のめまいがないか。
6.耳あかが多くないか。
7.外耳道に湿疹、痛みまたは不快感がないか。
8.500,1000,2000Hzの聴力に
     20dB以上の気骨導差がないか。


音についてdB
○  耳鼻咽喉科で難聴度検査でオージオグラムをもらって、タンスに
    しまわれておられる方、もう一度見るとデシベルと書いてあります。
  これは、音の大きさを表します。お医者様で、難聴度40dB、53dB
  ですねと言われます。
     この値で軽度・中度・高度難聴の判断をし、実際には、可聴周波
  数により難聴度レベル(聴力レベル)が変わりますので、デジタル
     補聴器は周波数ごとに増幅度を調整します。
    しかし、もう一方で語音明瞭度検査があり、語音には、「ア」に色々
  な周波数の組み合わせがあり、また「サ」・「タ」等全ての語
音が、
  同じ様に周波数の組み合わせで構成されています。
  ある周波数の音は聴こえるが、他の周波数の音は聞こえないとなり、
  それで、音は聞こえるが、言葉が明瞭でないと成るのです。


○難聴度(聴力レベル)音の大きさの単位dBと周波数について

   dBデシベル***デシは10を表す、ベルはグラファムベルのベルを取った単位。

 耳が音圧のセンサーになっており、下記単位での測定がベースとなっている。
  1Pa(パスカル)=1N/u(1平方メート当たり1ニュートンの圧力)
  P(音圧レベルゼロ)は=0dB SPL=20×10−6Pa(20μPa) 
                                                  ・・・この値が,、人間の聴こえる最小の音圧の基準
  (音圧レベル)dB SPL=20log10 P/P0 となる。

  ホーンは、dB SPLの値と同じとなる。

  dB SPL:OUND RESSURE EVEL
         0dB SPL=振幅圧力の実効値が20μP(マイクロパスカル)
                                      ・・・物理的に測定する場合に用いる
  dB HL:EARING EVEL
       0dB HLはSPLの4dBに相当とした聴力レベル単位となる。
          (0dB HL:正常聴力の成人がもっとも良い条件のもとで聞こえる最小音量の
          平均値、JIS T1201に規定されている)。
      オージオメーター(聴力測定器)による測定に用いる。
      難聴度は、聴力レベルであり、一般にはdB HLで表示いたします。

  人間の可聴周波数***20Hz〜20KHz
  発声周波数帯域は、可聴周波数より狭い。
  発声周波数帯域は、基本周波数が80Hz〜1.1kHzと言葉を分離する
  為の周波数が4kHz位まである。
   犬は、低音側、高音側両方とも人間より可聴帯域幅が広い。
   よって飼い主が、近づくと早くから門で迎えてくれる。

聴こえの知識(音を言葉として伝える)
  耳介にて音の集音、音源方向の信号を捕らえ、外耳道から空気振動として鼓膜に伝える。
 中耳は喉からつながっている耳管があり、鼓膜の内側を大気圧に保っていると同時に、
 過大圧防止機能を持ちツチ、キヌタ、アブミ骨を通して、エネルギ ーの10%が、
 蝸牛のリンパ液に伝わる。
 蝸牛は2と3/4回転でリンパ液に伝わった振動が、音分析をする(フーリエ変換機能)
 有毛細胞を刺激いたします。
  有毛細胞は、内有毛細胞3,500個、外有毛細胞20,000個から成ると言われ、30,000本の
 聴神経に伝える。
 しかし聴神経はほとんど内有毛細胞とつながっており、外有毛細胞は音の要素を判別し内有
 毛細胞伝える働きをしています。
 聴神経が脳内聴覚野、言語野の所で言葉の認識をしていると言われています。

確定申告補聴器購入費医療控除について
 治療をを受ける為に直接必要とする費用ですので
、領収書をお持ちでしたら
 医療控除対象になります。

参考文献
「補聴器技能者基礎講習テキスト」      財団法人 テクノエイド協会
「シーメンスアカデミー」                    シーメンス ヒヤリング インスツルメンツ株式会社
「補聴器フィツティングの考え方」    小寺 一興
「難聴Q&A」                伊藤昌壽一・中川隆之
「生体情報論」               福田忠彦
「補聴器ハンドブック」           監訳者 中川雅文
ご挨拶 耳の構造・難聴 補聴器と付き合う 補聴器種類と価格
補聴器トップ お役立ち知識 試聴と補聴器の特徴 注文と特定商取引 プライバシーポリシ